日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を迎え考えることは・・・。

おめでとうございます。
去年の株価は、19,000円で終わり、大変順調に世界の経済のターゲットにコミットメントしたかのようでしたが、中国をトップにEU諸国の景気減速で年始は、軟弱な株式市場となっております。
 昨年は、ISイスラム国のパリでの同時多発テロによる仏のシリア空爆の反撃。シリアからの難民がドイツを始めEU諸国への流入。今も難民の流出が続いており、難民の受け入れ国も費用の増大と治安面とにセーブが掛かっている状態です。
 昨年は、天災の面では9月の集中豪雨で常総市鬼怒川の堤防決壊で大きな範囲でなかなか水が引かず1週間程かかりやっと引くと、家財道具を始めゴミの集積場所で大問題になりました。常習地の関西、四国、九州では比較的小康状態でありましたが、今年は、昨年に続き、未だエルニーニョ現象が赤道直下アメリカ西側に観測されております。日本列島は、局地的ゲリラ洪水災害が起こる可能性が高いと思います。続いておりました箱根の火山活動、口永良部島、阿蘇山も終息して来ました。
海外からの観光客が多く、殊にアジアからの日用品、電化製品、お菓子、医薬品などの爆買いが話題になりました。このインバウンド効果は約3兆円と言われております。百貨店には、数百万から数千万の高額製品も売れ、売り場には外国人対応の免税コーナーが設けられ、百貨店の売り上げも対前年増。
 大阪の黒門市場、京都の錦市場でも、店前に長椅子を置き、その場で店売り商品をイートイン。狭い市場で人の往来が滞り、近所の町の人が買い物し難い苦情が殺到。しかし、人が人を呼んで活気が出るので痛し痒しの状態です。
 大阪では、道頓堀が昼夜観光客で賑わっています。人気の1位は、たこ焼き。2位は、お好み焼き。3位は、ラーメン。見事に粉もんが占めます。バックパッカーでの観光客は、大体4・5日の滞在が多く1泊2,000円~2,500円位の予算で、食事は、廻る寿司屋、居酒屋、コンビニ弁当、牛丼店など、意外と安く旅行を楽しんでおられます。やはり、治安の面で安心、安全を繁華街の地域住人・警察の方々との取り組みの結果だと思います。今年も、アジアの方々の爆買いが続くかどうか・・。
 私の知っている京都へ来られる観光客で、フランス人の精神科医師の方で、毎年仕事休暇を取り、やはり文化に触れる体験型の長期滞在で、日本の方とお友達となり、お茶・日本舞踊など半年間、友達の家でホームスティーしながら日本の生活を楽しんで居られます。
 今年の5月に伊勢志摩サミットが開催されるのに、京都御所がテロにターゲットされると想定した対策も・・。テロへの心配が、人の集まる観光地も大変なことです。
 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が交わされようとしております。輸出入の関税撤廃は、その国の強い産業我が国では、自動車を始め輸出企業には、3兆円ほど潤うが、農業・畜産・乳製品分野では海外からの安い輸入品に市場を奪われると騒がれております。が、現状でも小売りの店頭では、中国産ウナギと国内産ウナギが併売されていますが、国内産の方を高くても安心なので買います。他にも韓国産のアサリ、野菜もしかり食の安全を考えるなら、その様に消費者は選択されると考えます。又、若い農業者の方々も日本の食の安全を考えた作物づくりで、海外へ輸出される方も現れております。やはり、発想を転換させて、もっと食の安全を武器に、モノづくりを伸ばしていかねばならないと思いますし、世界での需要は結構あります。日本は、安全な『空気』『水』『土壌』『無農薬』での農作物、肉牛、乳製品。又、直近には、富山産の山羊乳で作られたチーズが世界グランプリに輝いたニュースを聞き、工業製品同様農産品からも発酵乳製品の技術の確立がなされて行く・・と楽しみが増えます。そしてもっと、農業製品の現在の自給率40%を高められます様に、耕作地の大型化、休耕地の活用をはかり農業就業者を増やして生産性を上げ、生活がなり得る様に政治・行政もアシストをお願い致したいです。今年も何が起こるか波乱含みな年となりますが・・。  皆様と頑張って楽しい良い年にして行きましょう!
万里長城
万里長城
万里長城3
万里長城

新しい歳を迎えて・・・。

新年明けましておめでとうございます。
2015年の年頭に心新たに、この1年がどうなるか予想して書きます。
≪今年もゲリラ豪雨・・。≫
先ず去年の8月に集中したゲリラ豪雨が、広島県安佐南区で深夜に降り裏山が崩れ土砂に埋まり死者が出ました。京都でも、8月16日に中京区の京都御苑周辺が1時間に90mmを超えるゲリラ豪雨に見舞われ、御苑の九条池が溢れ丸太町通に間之町御門から流れ出した水は烏丸丸太町の交差点で30Cmの深さになり、車の通行が遮断されテレビニュースでも放映されました。ニュースを見た友人からお見舞いの電話を頂きましたが、雨が1時間弱で止みましたので事なきを得ましたが・・。福知山でもゲリラ豪雨が降り、一時雨が下水道のインフラが追いつかず、数日間水が引かない状態でした。想定外の雨量が各地を襲う魔の8月でした。今年も海水の温度が高くなるエルニーニョ現象が続くとのことで、ゲリラ豪雨に要注意との事。昨年11月にあった我が学区の防災訓練に、土嚢づくりと積み方を教わりました。
≪経済の面では・・。≫
昨年後半は、円安・株高の展開で輸出企業には大いに恩恵を受け利益を出し、再投資に新しい職種を求めていますが、その先を見極めるのを間違えば命取りになると危惧するものです。経済が安定している時にはそれなりに中・長期の予想を企業は描いているのですが、利潤が上るとより盤石な利潤確保の為、新規の投資が、需要の変化が、大変難しくなる。年末に株価が17,450円で終わり、上場企業は株高で利潤を得て恩恵を受けましたが、全企業の9割を占める中小零細企業は、新消費税後なかなか価格を上げきれず利潤を減らしている現状ではないかと思います。
 大手系列のモール商店街では、紳士・婦人もの高級ブティック専門店の隣りには、百円ショップ、食堂街も専門レストランもあり隣りには、ファーストフード店、車の駐車台数が2・3千台、来客数が3・4万人を想定したモールのコンセプトは、普段着の気楽な買い物、何でも揃う、客層もファミリー世帯、高齢者世帯、ヤング・学生とあらゆる年代に向けている。このモール商店街でも、テナント店舗の閉店スペースも出ており、立地条件(商圏)や入居店の人気で熾烈な競争で切磋琢磨を余儀なくされていくことかと思います。
 今迄の様な、大量生産、大量消費は、なくなり個性的なモノ選び、個人の価値観を強く出され、ごみ減量の3R(アール)である、リデュース(買わない)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再資源化)を私達も教えて頂き、徹底化され、リデュース面の良いものを、こだわった商品を永く使用する賢い消費者が現れてきております。京都市中京区の私の近辺でも小さな町家での手づくり雑貨品のお店を開店され、そこへ町家ぶらりの観光客が集い買い物されている光景を見て強く思いました。
年金の受給者が増えて来て、これからの年金支給額が減らされると言われると、それにつけ込むような特殊詐欺が横行し、昔あった原野商法を始め投資目的の定年過ぎの退職金や定期預金の虎の子を、目減りしない様にとの思惑につけ込まれて悪質な運用を勧められて被害に遭われ方が多くなると思います。
IT関連では、メールをされる方はご存知かと思いますが、メールを開けましたらイキナリ、ご当選おめでとうございます。とか、貴方には8千万円支払われます。とか書いてあり手続き云々・・。で普通は、あり得ないと思ってしまうのですが、もう少し少額な金額であればその先どうなるか分かりません。警察当局もこの様なサイバー犯罪の対策をもっと強化していって貰いたいです。この1年も皆さまに措かれまして、良い年であります様にお祈り申し上げます。
【“新しい歳を迎えて・・・。”の続きを読む】

GHIT(ジーヒット)設立1周年記念に寄せて!

 日本では、少子高齢化で50年後には人口が、1億2千万人から8千6百万人に4千百万人も減少して若年者が九百万人減、高齢者が五百万人増という統計が厚労省から発表されております。
 逆に世界人口は、六十億人から七十億人に増え続けている現状。なかでも発展途上国に蔓延する乳幼児達への“顧みられない疾患”の感染症で年間約9百万人もの幼い生命が奪われております。“顧みられない疾患”から生命を救う為に、日本政府(外務省・厚労省)と製薬会社、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、国連・国際機関が共同で日本初の官民挙げて、一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHITファンド)が、設立され1年目の記念式展が6月6日に東京六本木ヒルズで開催されました。
 製薬業界もM&Aが世界規模で行われ、日本を始め先進国では新薬始め医薬品は、途上国の感染症には需要が少なく無駄な投資となる為、風土病と言われる、アフリカ睡眠病・マラリア・テング熱・シャ―ガス病・フィラリア症・小児HIVなどの感染症医薬品をGHITの主導で創薬・治験・研究を製薬会社へ助成金で委託して、ワクチン薬価を引き下げ普及させるのが主な目的です。
 乳幼児期での死亡年間9百万人と多く、早急にワクチンの開発が待たれます。
 記念誌には、この1年の研究成果を感染症の病名ごとに、創薬の基礎研究・臨床研究・臨床開発・実用化になった物まで、開発段階が示されてあります。
 如何に乳幼児期での死亡を食い止めるこの意義ある崇高な事業が政官界、業界、研究機関、大学と幅広い提携関係に揺るぎない信頼をGHITファンドに全幅の期待をされている事を強く感じました。
 日本GHITの開発に関われます製薬会社の創薬・新薬の研究が実を結び子供の命を守ることで、大人となり大衆薬の需要にも貢献してダイナミックな元気ある世界の為に、これからもより一層活躍されますことに期待するところです。
 最近、このような海外への創薬事業の話を聞いてなるほど、これぞ患者・製薬研究業界・途上国との三方良しの近江商法とやらでは・・・と嬉しく感じた次第です。
img009.jpg
<GHIT創立1周年記念大会プログラム


心機一転・心の箍(タガ)を緩めずに!

新しい歳を迎え、皆様おめでとうございます。
 私の今年の元旦は、平安神宮での歳旦祭に参列させて頂き、朝6時から約1時間、神前にて年初のお祈りの儀式を終え、宮司様、禰宜様とご一緒にお雑煮を頂き、改めて心を引き締めて、歳の初めを寿ぎました。家族を始めご町内、地域、京都、日本、世界の安全と平和を歳の初めの一刻(ヒトトキ)に、心を込めてご祈念申し上げました。
 昨年は、台風18号による桂川の嵐山での氾濫を始め、福知山、久御山でも河川決壊で水災害が起き、河川の補強改修を急遽今年に鴨川・桂川を実施されるとの事ですが、近年、再々、日本国中、異常気象で地震はもとより、竜巻や突風雷雨など今迄経験した事のない気象の現象が起こっております。今年も、何が起こるか・・。平穏無事な歳であって欲しいのですが・・。
 アベノミクス効果で為替も円安に振れ、株価も上り相場でデフレ脱却と行きたいのですが、4月からの消費税増税は、織り込み済みムードで景気へのタイムラグが少なそうに思います。今、都知事選で感情論的に脱原発と言われておりますが、冷静に、もっと逆転の発想的に、今の現状、原発が最悪の局面を打開する可能性を求めて、研究に予算をつぎ込み原子力にもっと対峙・研究して、安全な核技術が得られる方途を真剣に取り組んで欲しいです・・。ただ、怖いものに蓋をする姿勢では新産業も何も生まれて来ないと思います。
 京都は、“おもてなし”“文化”も含め“和食”が無形文化遺産に登録され、多くの観光客が見込まれ賑わいそうです。鰹・昆布の『お出汁』文化がやっと認められた事は、京都の和の雅な建物・美術・茶華道・謡・狂言・歌舞伎なども食をも含めて総合文化として、大いに発展する事が世界平和にも貢献するとことと思います。
 一方、他国でも経済の格差社会と言われる中、我が国も人口の25%占める有資産高齢者層をターゲットの高額商品(豪華列車“ななつ星”海外国内豪華旅行など)の動向が注目されてもっともっと伸ばしていけると層なのではと思っております。
 安さを売りのスーパーの経営も売り上げが伸びず苦戦しております。やはり、仕入れも他店と同じルートで無く、漁港からの、牧場からの、農場からの産直をどんどん図る。又、オリジナルブランドでの製品づくり等他店との差別化が一層図ることで、消費者に挑戦する独自価格での販売が出来なくては業界から淘汰されることでしょう。良い意味で、産地偽装問題で消費者も産地にこだわり、価格が高くても安心で健康の為には、少々物価も上がっても買って頂けることでしょう。
 いつも、その年の終わりのころなると、毎日平々凡々、怠惰な生活を送っていたナーと反省しきりです。
 私の今年のテーマは、新しい年を迎え、慢心になった心を、心機一転する。『心の箍(タガ)を緩めずキッチリと引き締めて真剣に何事にも取り組んで行こう』と決めました。初心に還(カエ)る、等とも言えます。
 常に気持(心)を白紙に、先入観を持たずに、物事を真摯に聞く耳をもった生活を心がける。歳が行くと、何となく気忙(キゼワ)しくなって、人の言う事の半分も聞かず、自分の意見を言う。自覚して改めなくては・・と思います。仕事の上でも、顧客様の言われる事を良く聞いて、真摯に接して行くと、心が伝わり信用も増して、聞き入れて頂ける事と思います。毎日の生活が、惰性に流されること無く何事にも、いつも心新たに聞く耳を持ってこの一年、努めて行きたいと思っております。
IMG_20131211_0001_NEW.jpg
我が家の初生りのカボスです。

韓国・済州島を旅行して・・。

9月早々、韓国には以前にも行きましたが、今回、済州島に旅行して来ました。やはり本国と違い、全体的にやさしい穏やかな印象を感じました。ハルラ山を中心に噴火により出来た島といわれ、火山灰、噴石が多く主食のコメは、土に保水力がなく作れず、他からの移入に頼っているという事をお聞きしました。工業地帯がなく、2007年にユネスコの世界自然遺産としてハルラ山を始め、噴火による珍しい洞窟などに対して指定されました。
 城山日出峰、万丈窟等を訪ねる旅行でした。
 淡路島の3倍の大きさの島で、余り人の手を入れず自然を生かした観光産業に徹底されているようでした。海側には新羅ホテル、ハイアットホテル、ロッテホテル、KALホテル等があり、内陸部にはゴルフ場も12ヶ所もあり完全に観光、海洋レジャーに多くの日本より中国からの観光客で溢れておりました。万丈窟は、噴火でできた洞窟で高さ5m、巾10m位の大きさで奥行きが1.3kmもあり、往復40分要し気温15℃で寒く上から雫が落ちてくるので雨合羽着用で見学しました。天井、側壁に溶岩の模様がくっきりと出ており、一見、鍾乳洞みたいですが不思議な世界でした。次に、城山日出峰は、海底噴火で出来た山で、姿は台形型で高さは182mですが、直登に近い石段で、ゆっくり足を進め、休みを取らないと息が苦しく大変でしたが頂上からの眺めは、ハルラ山も見えて素晴らしかった。台形の頂上は、なだらかな阿蘇山の外輪平野の草原とよく似ており、ここからの朝・夕日の眺めが素晴らしいです。
見学したのは、済州民族博物館、三姓穴、天帝淵瀑布、薬泉寺。お化け道路という車で目の錯覚で、上り坂にも関わらずに、エンジンを切って停止してブレーキを離すと、実は下り坂で車が動き出すのを体験しました。
 韓国ドラマの撮影場所でオルレ道の散策、シュリの丘の一本松にも・・。ジョアンスタジオでは、テディベアのいろんなバージョンの人形を製作工程の展示、作品を見てきました。今年は、島に雨の降る日が少なくて水不足で困っており、観光客にも節水協力をと、2日に1回は、浴槽を使わないで、シャワーにして下さいとガイド嬢。確かに町の川には、川底は石ころばかりで水が無かってゴミが目に着きました。島の人口は、現在60万人で100万人都市を目差している済州島。島の収入を増やさなくては税金が高いので住民は困っているとも・・。確かに観光依存の負の部分なのか、モノの価格は、二重価格で観光客には高くしてあり、不愉快な思いをしました。帰路の飛行機で隣の大阪高槻市の男性は、済州でホテルより安いペンションを経営されて今、10棟ほど経営され、大変忙しい毎日だと言っておられ、まだまだ宿泊施設の需要も多く、これからも増やしていくとの事でした。ここ済州島では、世界遺産のみで観光産業を目指して行かれると思いますが、小さい島特有における水資源不足の問題をクリアーしなくては大変だろうと痛感しました。小さい島でしたが、3日間お天気にも恵まれ暖かく、充分に癒された旅行でした。
DSCF8213.jpg
城山日出峰の岩場
DSCF8245.jpg
ジョアンスタジオでの“冬ソナ”
DSCF8274.jpg
シュリの丘一本松
DSCF8327.jpg
万丈窟の壁面
DSCF8322.jpg
万丈窟の内部
DSCF8190.jpg
天帝淵瀑布
DSCF8227.jpg
薬泉寺

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。