FC2ブログ

日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『竹間自主防災訓練』が開催される!

  お天気に恵まれました11月27日(日)に、私たちの竹間学区の全町内住人を対象に防災訓練が開催されました。午前9時過ぎに震度7の地震が起こり、区内で大規模災害が発生、9時30分に避難勧告が発令されたとの想定で行われました。竹間自主防災会長から各町内の防災部長へ電話連絡をして、各町内単位で住人の安否確認をとり、部長を先頭に1次避難場所の竹間公園へ全員で避難する。避難先受付で各町防災部長は、引率人数を報告して町別に整列。各町の報告が終われば学区防災本部は、避難者数を集計して、人数を中京区役所の災害本部の区長(代理で副区長)に報告、区長が復唱して町内から学区、学区から行政への災害状況の伝達訓練をも兼ねました。次の体験コーナーでは、➊初期消火訓練は、各町内の消火器の取扱い説明、消火訓練、煙のテントの中を手さぐりで歩行する煙中体験をもしました。➋資機材取扱訓練は、公園に設置されている防災倉庫に格納されてある、資機材の説明と取扱方を学ぶ。➌救護訓練は、中京消防署員による心肺蘇生法・AEDの実演講習を受ける。➍給食訓練は、アルファ米の調理と参加者全員に試食用として150食分のパック詰めを体験しました。この4分野の訓練を、各々町内単位で体験しました。今年は、3月の東日本大震災で3万人近くの死者不明者を出し、9月の奈良・和歌山では台風12号による土砂災害で20名の死者を出し、タイ国でも洪水による浸水で工場が稼働できず大打撃を蒙り、年々異常気象が頻発する傾向にあると言われております。京都でも地震は市内直下に花折断層が走り、いつ地震が起きてもおかしくないと言われ、雨も異常気象で想定外の局地型の大雨が降れば、鴨川が氾濫したことも昔にあったとも聞いております。起こってはならない事ですが、今年の防災訓練はいやがおうにも力の入ったものとなりました。今日のこの防災訓練が、防災の知識を肌で感じて体験することが大変重要で必要なことだと思います。訓練を通して、災害が起きれば、まず、自分の身は自分で守る(自助)。動けるなら身近な人、町内の方たちとの助け合い(共助)。一時避難場所への避難行動して、避難人数を行政に報告する(公助)。公助により、行政の本格的な救援活動が始まるのです。この自助・共助・公助という感覚は、このような体験訓練を通して、身体で覚えておかなくては兼ね備わることは出来ないと思います。訓練人数総勢150名の参加がございましたが、もっと多くの方々に、防災に対する知識・体験を持って頂きたいし絶対に必要なことと感じました。
001_20111130195000.jpg
各町内到着して整列。
IMG_0003.jpg
救命救急の訓練。
005_20111130195602.jpg
給食訓練でかやくごはんの配膳。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motohiko.blog108.fc2.com/tb.php/88-2bafa7ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。