FC2ブログ

日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のいもほりを楽しむ!

天高く馬肥ゆる秋と言われる絶好の季節となった10月18日に、少年補導委員会の行事で“いもほり”に小・中学生32人と、保護者の方委員合わせて55名が大型貸切バスで宇治アクトパルに行きました。前々日は雨で、心配をしておりましたが、当日は晴天になり、畑の土もカラッとして泥土にはならず、格好のいもほり日和になりました。バスが着くなり真っ先に、いも畑に直行。一人2株づつに石灰で線引きされた中へ場所を決めて、おもむろに、いも掘り開始。一株を掘るのに丁寧に時間をかけては居るのですが、掘り起こすところまでなかなか行きません。いもは、根の中心から3方・4方に垂直に立つように深く入っているので、掘り起こすのに結構時間がかかるのです。大体、一株に3・4個あり二株では平均8個近く採れておりました。その間委員さんは、野外炊事棟で畑で採ったいもを賽の目切りにして、大きなお釜でいもご飯を炊き、豚汁をつくり、バーベキューの炭火をおこして昼食の準備にフル動員。その甲斐あって、お釜でのいもご飯もおいしく炊けて、いもの甘さを引き立てる塩加減もバッチシ!決まり、準備完了。お昼になり、それぞれにいもご飯・豚汁をよそって、焼肉の開始、皆一同モクモクとお肉、ご飯、豚汁と規則正しく繰り返し、お替りも続出して、豚汁が完売、ご飯も茶碗一杯残ったぐらい、お肉も残らず気持の良いくらい買い物が予想通りピッタシで、ひと安心しました。昼から子供たちは、アスレチック広場とグランドでのワイワイ遊び、下に流れる川での遊びなど各々のコーナーをまわり、遊んでいました。その間、委員の方々も各コーナーに3・4人づつ監視としてついて頂きました。お陰様で事故や怪我もなく4時前にバスに乗り5時前には帰着出来ました。おみやげに掘ったおいもを重たそうに両手にぶら提げて、お迎えの親と一緒に帰って行きました。いもは、私の好物。『九里四里うまい十三里』と『栗よりうまい十三里』掛けことば遊びで十三里は、いものことで、江戸より十三里離れたところに、いものうまい産地で川越がありますが、これにもシャレ言葉でいもを指します。又、この10月13日は“いもの日”と言われている。栗も旨いが、堅い皮をむくのも手間が入り面倒くさく、いもの方が口一杯ガブリと喰い手があり有難い。又、大きい、いもを分厚く斜めに切った焼き面がついた塩をまぶした大きな釜で焼いておられた、二条通にあった“川越いも”の焼き芋屋さんのおいもは、甘くてホクホクとして大変おいしく、懐かしく思い出されます。その店も残念ですが3年前に御主人が亡くなり閉店されたのですが・・。芋ご飯、焼き芋、いもの天ぷら、蒸しいも、壺焼き、ああー、いもは美味いーー。
IMG_0726_convert_20091030211206.jpg
いもは垂直に育ちます
IMG_0729.jpg
これから遊びに行きます
IMG_0730.jpg
学生班のお兄さんと一緒
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motohiko.blog108.fc2.com/tb.php/65-bc610035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。