FC2ブログ

日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『親子はんごうすいさん』が実施されました!

 6月13日(土)梅雨入りの最中、幸いにも、曇り時々晴れの日差しも弱く、日焼けもそれ程しない恵まれました(?)中、静原キャンプセンターへはんごう炊爨に行ってきました。主催は、少年補導委員会で、小学生と保護者が対象で38名の小学生・幼児3名・保護者6名・委員20名の総勢67名となりましたが、地下鉄と京都バスの路線で静原小学校前で下車、静原川沿いに30分歩いてキャンプ場に着きました。4班に分かれて、各班毎ではんごうで、ごはんを焚き、鍋でカレーを作りました。今回は、班毎の低学年から高学年と保護者の人でメンバーを組みましたが、低学年の参加が多いために、主体となって高学年がお米とぎから包丁を使っての、玉ねぎ、ジャガイモ、人参の皮むきや切り方を時間が掛かりましたが教えてもらいました。玉ねぎの切り方を輪切りにする子が多く、高学年の子からクシ型切りに直す様に注意されていましたが、包丁を持つ子が初めての子が多く『ワイワイ、ガヤガヤ』と賑やかでした。お昼過ぎには各班出来上がり、班毎にブルーシートに集まり、出来上がったはんごう・鍋からお皿によそってもらい美味しそうなカレーが完成。全員で『いただきまぁーす』と合唱して一斉にモクモクと“食べ方始めー”、あちこちから『おかわりィー』とのお替りの声、多い子どもで4杯、普通の子供でも2杯目をおかわりをしていました。やはり、野外での川風に吹かれて皆でワイワイ食べると食が進むのでしょう。私も、各班のカレーの食味をしに回りましたが、ルウの濃い薄いはありますが、同じルウを使っても、材料を始めの油での炒め方や塩コショウの入れ方あく取りなどの一手間で微妙に味が異なってくるのですが、各々、コクのあるカレーが出来ており、どれがどれとの甲乙がつけられませんでした。食事が終わり、後片づけ、自分の食器やはんごう、鍋の底の墨を洗剤・タワシでこすって落とすのですが、なかなか落ちずに手こずっておりました。あとは遊びの時間です。浅い川の所で全員サンダルに履き替えで子ガニとり、かえるを捕まえたり、川の両側に分かれて合図で川の真ん中で足で川の水をお互いに掛け合って、頭から全身びしょ濡れになって中には寒くなって焚き火にあたりに来る子もいましたが、持ち物に替えの服を持参するよう書いてあり想定の川遊びに約1時間も早く過ぎ去りました。着替えの時間とトイレの時間を充分とって3時に帰途につき、4時半過ぎに無事帰着しました。はんごう炊爨は、初めて参加の低学年も多い今年は、7月の百井への1泊2日のキャンプにも野外にふれる楽しさの体験にとつながって、やがて高校・大学生になれば学生班委員となって小学生のお世話を坦(にな)って頂く・・。地域の子供は地域の学生・大人がお世話するサイクルが出来ることを願っております。とにかく、川辺での遊びは事故がつきもの、委員さんも気を引き締めて監視して頂きました。御苦労さまでした。
IMG_0509.jpg
『水掛け遊び』の始まり
IMG_0510.jpg
彼方此方で水掛け開始される
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motohiko.blog108.fc2.com/tb.php/58-c4ce876e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。