FC2ブログ

日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀元祭に出席して!

2月11日は、建国記念の日の祝日でした。平安神宮では、神道での紀元祭として神前において齎行され列席者一同、二礼二拍手と参拝した後、建国記念碑に国旗掲揚・国歌斉唱・万歳三唱をして日本国の益々の繁栄と発展を祈念致しました。この祝日には、いろいろな非難がありますが、依拠するところは日本書紀に紀元前660年に、神武天皇が即位して日本国を治めた日とされて制定されたのですが、神道の基の神話として『いざなみ』『いざなぎ』の命(みこと)・日の出(いづる)国として生まれたとあり、その後天照大神と言う神様の末裔が天皇となって代々国を治めて来たとあります。だから、神と天皇とは、一緒のように捉えられておりましたが、途中軌道修正されて朝廷と摂政の貴族と二極で、お互い権力争いなどもありながらも日本の国を治めてきたのです。明治の文明開化大正・昭和となり第二次大戦で負けて、新憲法下で人間天皇として、日本国民の象徴と位置づけられました。神格天皇は姿を消し全く新しい人間天皇として国や学会への公式行事への出席・災害で被災された国民への激励などをされて、国民の象徴と言う立場の活動です。日本人は、神様を身近に見つけ、一木一草・森羅万象あらゆる物に神が宿って居ると言うアニミズム(多神教)を信じる素晴らしい民族です。問題は、神話の日本書紀における神武天皇の即位の日の特定が云々と言われるのですが、一応、後世になっての記述で神話ゆえに基づいての不確実なものに、今の太陽暦に直して2月11日と決められた事で目くじらたてるのも大人気ないことではないか。私は、この日本民族の持っている八百万の神の心が、人類も地球の一員の認識の上で、地球温暖化・地球環境問題を解決する知恵と力を持っている国であると思います。もったいないと言う始末の心と地球上のあらゆる物の中にある神に対し畏敬の念をもってあたる・・。あの京都議定書に世界の国々が署名され、今夏、洞爺湖サミットで又一歩、数値目標が決められ環境改善が、後には引けなくなって大いに前進にすることでしょう。この素晴らしい日本の民族の一員として生まれ、国が治められた日として建国の記念の式典に、いろいろな場所・形式で多くの国民の皆様が参加をされますように思いました。
DSCN0747-1.jpg

DSCN0748-1.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motohiko.blog108.fc2.com/tb.php/22-841308f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。