日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶は美味しい!

京都市ごみ減量推進会議の施設見学・講習会として、2月28日に、お茶の和束・和束荘で開催されました。
 お茶と言えば、ペットボトル入りが会合などに出され、殆んど持ち帰られますが、問題は、ペットボトルのリサイクルに照準をあて、会合には、マイボトルにお茶を入れて、少しでも、PETのリサイクルの量を減らす様に・・。もっと茶葉(リーフ茶)でのお茶を利用して、PET一辺倒のお茶を再考して頂こうとの趣旨です。
 和束は、木津川市・学研都市の滋賀県よりの山里で、急峻な場所での茶畑が一面に続いておりました。この急峻な茶畑の地形が、雨が降っても余分な水が根に触れずに、根腐れ病にかからず、1日の気温の高低差の大きさが、味にも深みのある茶葉が出来るとの事でした。
 急峻な為に肥料やり・木の剪定などの作業が、高齢化が進み、大変苦労されておられる事をお聞きしました。
 お茶の淹れ方の講習が、お茶の伝導師の方、お茶のインストラクターの6人が、美味しいお茶の淹れ方を教えて頂きました。
 先ず、煎茶の5gを土瓶へ、水道水を沸騰させて、火を止め5分ほど、カルキの臭いを飛ばし、魔法瓶に詰めたお湯を、15ccを冷ましの器に入れ、手で持って体温より低めの30℃位のお湯を、土瓶に注ぎ一呼吸入れ、お猪口の一回り大きな茶碗に注ぎ、一煎目を頂くと、先ず甘さのある美味しいアミノ酸の味に驚きました。二・三・四・五煎目と湯温を5・60℃に上げて茶葉が開き切る・・・迄、渋苦さを出し切りったら、茶葉を小皿に取り出し、ポン酢をかけて頂きますと、美味しい茶葉の柔らかいジューシーなお浸しを一品として頂きました。
 毎日の生活の中に、手間・ヒマ掛けて、お茶を美味しく頂くことも、心豊かなひと時を持つことも、大いに必要な事だと思いました。
 茶葉から淹れたお茶を“リーフ茶”と言われておりますが、夏は、私の定番ですが、水出し茶(水に深蒸し茶葉を浸して一晩冷蔵庫で冷やして出す)が、熱を掛けないので、テアニン・ビタミンCが壊れず美味しく体に良いと言われて実行しています。
 最近、食事前には、煎茶で、口の中の雑味を流して食事を美味しく頂き、食後は、ほうじ茶・番茶を飲む事を、和食料理店のコースにも入っておりました。
 ペットボトルの現況は、リサイクルのPETは、再生物として中国へ、輸出されておりましたが、中国も今、輸入を止めだして来ました。
今日の、 お茶の講習会を聞いた以上、京都産の茶葉(リーフ茶)をもっと飲んで頂き、美容と健康に良く、最後にお浸しとして、美味しく食べて頂きましたら、生ごみの活用としても、一石二鳥の大変良い講習会でした。皆様にも御協力を、お願い申しあげます。
DSCF4801.jpg
“急峻な和束の茶畑”
和束の茶畑
“山間の和束の御茶畑”
茶の伝道師
“お茶の伝道師”
border="0"
“お茶の講習前”
スポンサーサイト

北海道・雪と氷を巡る旅・・。

10年程前、9月に、秋の北海道・大雪山(旭岳)に、雪渓と高山植物の紅葉を見に、釧路・網走・宗谷・十勝・美瑛にバス旅行で行きましたが、今年2月に、冬の札幌雪まつり、層雲峡氷瀑まつり、阿寒湖氷上フェスティバル、然別湖コタン、摩周湖、支笏湖氷濤まつり、小樽運河。網走では、流氷砕氷船“オーロラ号”で網走オホーツク海一面の流氷の中をクルージングして・・・、盛り沢山の工程でした。寒い所は、寒い時に、この貴重な非日常な体験は、大変良い思い出となりました。
歩くところは雪と氷で、気温は、マイナス10度から17度と寒いでしたが、歩行には、転倒しない様に靴には滑り止めを装着して、大変注意を払いました。   お天気は、大変良い天気に恵まれ、何事もなく一安心しました。
初日、層雲峡温泉で、夕食の後、近くの広い石狩川河川敷に、氷柱で大きな建造物が、数か所作られ、中には、二階建てで、手すり付きの氷の階段も出来ており、中は、ピンク、イエロー、ブルーなどの華やかな照明で照らされ氷に映えて幻想的な、雰囲気を味わえました。層雲峡の“銀河の滝”を始め多くの滝は、寒さの為、凍りついて、つらら状に岩に張り付いて居ました。
二日目、網走港へ、流氷砕氷船でオホーツクの海へ・・・。結構多くの流氷に閉ざされた中への、クルージングを堪能しました。一部、凍りついた摩周湖にも寄って来ました。お天気が良く、“霧の摩周湖”が、“晴れの摩周湖”は珍しいとガイドさん・・。雄阿寒湖温泉で夕食後、“阿寒湖氷上フェスティバル”に行きました。阿寒湖が一面凍り付いた上に、アイヌの伝説の雪像をバックに氷の舞台が作られ、アイヌの伝承舞踊、音楽・・、が氷の舞台でのコンサート、花火大会もあり、氷柱の大きな建物の中では、暖かい食べ物、ワカサギの揚げたて・じゃがバター・飲み物は、暖かい自家製牛乳・ホットワイン・ウィスキーを売店で、大いに賑わっておりました。
三日目、釧路市阿寒国際ツルセンターへ、タンチョウ鶴の観察見学会で、餌が撒かれ多くのツルが集まり、今の時期が、ツルのオスがメスの前で大きな羽をパタつかせる求愛ダンスが始まり、白い雪の中、美しい姿に魅了されました。近くの、お菓子屋“柳月スイートピアガーデン”に工場見学。バームクーヘンが主力ですが、色々な菓子の試食しましたが、“ソシソン・ショコラ”が岩塩が利いた、チョコの甘さを抑えた深みのある美味しいチョコレートが気に入りました。
“然別湖コタン”に行きました。凍った湖上に、氷の巨大ドーム・教会の様に、中は、氷の長椅子が設え、シッカリした構造になって感心しました。勇気を出して、雪上バイクにも乗せて頂きましたが、5・60キロのスピードも出て、曲がる時は車体が立った状態で傾斜せず、振り落とされない様に必死で、思わず、腕と足に力が入りました。札幌の宿に着いてからは、自由行動で、“さっぽろ雪まつり”に。先ず、札幌のテレビ塔に上り全容を確かめてから・・。雪像の間の屋台の多さと人の多さにテンションが上がって、気を引き締めて大通公園の雪像・屋台を全部見ました。白い雪像に、レーザー光線・コンピューター・マッピングで色々なカラーが投射され、薬師寺の四季の風景が色で投影されて、像との色ズレもなく、大変良かったです。屋台で、ホタテ・牡蠣の焼き物と味噌ラーメンを食べました。反対方向の、繁華街のすすきのの、交番の前を通って、すすきの会場では、氷の彫刻・氷像のコンテストの発表展示作品が、煌々たる灯りの下、台の上に展示され、大勢の見物客で溢れておりました。11時迄、結構歩きました。宿について、万歩計を見るとなんと1万4千歩になっておりました。
四日目、朝、早目に起き、朝食を済ませ、札幌の時計台と赤レンガの道庁、札幌駅の周辺の散歩をしました。一路、小樽運河に行き、お昼は、お寿司屋さんで握りを頂きました。小樽での散策では、大正硝子の旧久保家の甘味処で、コーヒーとアイスクリームを頂きました。流石に、年代物の素晴らしい金魚鉢の様な、フリルがついたアイスクリームのガラスの器が立派でした。
次は、千歳近くの、支笏湖氷瀑まつりに行きました。ここの、氷瀑は、大きな高さが10m、横30mの大きなツララ状のモニュメント。高さ15m、横5mのツララ状の氷像・名前は、レッドタワー(夜に、赤色のカラー光線を当てる)とかが会場に並んでました。以上が今回の、雪と氷のまつりを訪ねる北海道の旅でした。番外編―。帰ってからピョンチャン・オリンピックを見て、三日目に行った釧路・北見の“カーリング娘”の,ハーフタイムの“モグモグ・タイム”と“そだね~”には、あの北海道ののびやかな、楽しそうなチームワークが気持ち良く、、、。あの北見の、だだっ広い畑と牧場の景色を思い出しながら、テレビ応援にも力が入りました。     やはり、毎日-15度を体感した期待通りの、寒い・さむ~い旅でした。
“層雲峡氷瀑まつり”
<br“砕氷船オーロラ号
<br“晴れの摩周湖”
<br阿寒湖氷上フェスティバル
<br阿寒タンチョウ鶴センター
雪上バイク。“摩周湖で雪上バイク。”
さっぽろ雪雪まつり・薬師寺“札幌会場・薬師寺”
すすきの会場氷像コンテスト。“すすきの会場氷像コンテスト”
すすきの氷像コンテスト“すすきの会場氷像コンテスト”
“札幌時計台”
DSCF4585.jpg“阿寒湖氷上フェスティバル”
“小樽の久保家のアイスクリーム・カップ”“小樽・久保家の立派なアイスクリーム・カップ”

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。