日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GHIT(ジーヒット)設立1周年記念に寄せて!

 日本では、少子高齢化で50年後には人口が、1億2千万人から8千6百万人に4千百万人も減少して若年者が九百万人減、高齢者が五百万人増という統計が厚労省から発表されております。
 逆に世界人口は、六十億人から七十億人に増え続けている現状。なかでも発展途上国に蔓延する乳幼児達への“顧みられない疾患”の感染症で年間約9百万人もの幼い生命が奪われております。“顧みられない疾患”から生命を救う為に、日本政府(外務省・厚労省)と製薬会社、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、国連・国際機関が共同で日本初の官民挙げて、一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHITファンド)が、設立され1年目の記念式展が6月6日に東京六本木ヒルズで開催されました。
 製薬業界もM&Aが世界規模で行われ、日本を始め先進国では新薬始め医薬品は、途上国の感染症には需要が少なく無駄な投資となる為、風土病と言われる、アフリカ睡眠病・マラリア・テング熱・シャ―ガス病・フィラリア症・小児HIVなどの感染症医薬品をGHITの主導で創薬・治験・研究を製薬会社へ助成金で委託して、ワクチン薬価を引き下げ普及させるのが主な目的です。
 乳幼児期での死亡年間9百万人と多く、早急にワクチンの開発が待たれます。
 記念誌には、この1年の研究成果を感染症の病名ごとに、創薬の基礎研究・臨床研究・臨床開発・実用化になった物まで、開発段階が示されてあります。
 如何に乳幼児期での死亡を食い止めるこの意義ある崇高な事業が政官界、業界、研究機関、大学と幅広い提携関係に揺るぎない信頼をGHITファンドに全幅の期待をされている事を強く感じました。
 日本GHITの開発に関われます製薬会社の創薬・新薬の研究が実を結び子供の命を守ることで、大人となり大衆薬の需要にも貢献してダイナミックな元気ある世界の為に、これからもより一層活躍されますことに期待するところです。
 最近、このような海外への創薬事業の話を聞いてなるほど、これぞ患者・製薬研究業界・途上国との三方良しの近江商法とやらでは・・・と嬉しく感じた次第です。
img009.jpg
<GHIT創立1周年記念大会プログラム


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。