日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国・済州島を旅行して・・。

9月早々、韓国には以前にも行きましたが、今回、済州島に旅行して来ました。やはり本国と違い、全体的にやさしい穏やかな印象を感じました。ハルラ山を中心に噴火により出来た島といわれ、火山灰、噴石が多く主食のコメは、土に保水力がなく作れず、他からの移入に頼っているという事をお聞きしました。工業地帯がなく、2007年にユネスコの世界自然遺産としてハルラ山を始め、噴火による珍しい洞窟などに対して指定されました。
 城山日出峰、万丈窟等を訪ねる旅行でした。
 淡路島の3倍の大きさの島で、余り人の手を入れず自然を生かした観光産業に徹底されているようでした。海側には新羅ホテル、ハイアットホテル、ロッテホテル、KALホテル等があり、内陸部にはゴルフ場も12ヶ所もあり完全に観光、海洋レジャーに多くの日本より中国からの観光客で溢れておりました。万丈窟は、噴火でできた洞窟で高さ5m、巾10m位の大きさで奥行きが1.3kmもあり、往復40分要し気温15℃で寒く上から雫が落ちてくるので雨合羽着用で見学しました。天井、側壁に溶岩の模様がくっきりと出ており、一見、鍾乳洞みたいですが不思議な世界でした。次に、城山日出峰は、海底噴火で出来た山で、姿は台形型で高さは182mですが、直登に近い石段で、ゆっくり足を進め、休みを取らないと息が苦しく大変でしたが頂上からの眺めは、ハルラ山も見えて素晴らしかった。台形の頂上は、なだらかな阿蘇山の外輪平野の草原とよく似ており、ここからの朝・夕日の眺めが素晴らしいです。
見学したのは、済州民族博物館、三姓穴、天帝淵瀑布、薬泉寺。お化け道路という車で目の錯覚で、上り坂にも関わらずに、エンジンを切って停止してブレーキを離すと、実は下り坂で車が動き出すのを体験しました。
 韓国ドラマの撮影場所でオルレ道の散策、シュリの丘の一本松にも・・。ジョアンスタジオでは、テディベアのいろんなバージョンの人形を製作工程の展示、作品を見てきました。今年は、島に雨の降る日が少なくて水不足で困っており、観光客にも節水協力をと、2日に1回は、浴槽を使わないで、シャワーにして下さいとガイド嬢。確かに町の川には、川底は石ころばかりで水が無かってゴミが目に着きました。島の人口は、現在60万人で100万人都市を目差している済州島。島の収入を増やさなくては税金が高いので住民は困っているとも・・。確かに観光依存の負の部分なのか、モノの価格は、二重価格で観光客には高くしてあり、不愉快な思いをしました。帰路の飛行機で隣の大阪高槻市の男性は、済州でホテルより安いペンションを経営されて今、10棟ほど経営され、大変忙しい毎日だと言っておられ、まだまだ宿泊施設の需要も多く、これからも増やしていくとの事でした。ここ済州島では、世界遺産のみで観光産業を目指して行かれると思いますが、小さい島特有における水資源不足の問題をクリアーしなくては大変だろうと痛感しました。小さい島でしたが、3日間お天気にも恵まれ暖かく、充分に癒された旅行でした。
DSCF8213.jpg
城山日出峰の岩場
DSCF8245.jpg
ジョアンスタジオでの“冬ソナ”
DSCF8274.jpg
シュリの丘一本松
DSCF8327.jpg
万丈窟の壁面
DSCF8322.jpg
万丈窟の内部
DSCF8190.jpg
天帝淵瀑布
DSCF8227.jpg
薬泉寺
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。