日々是好日人のダベリ

老犬介護の「大和(ヤマト)」安らかに逝く!

●この5月13日正午丁度、以前このブログにも登場しました我家の飼犬「大和」が20年と1カ月の天寿を全うして安らかに眠るように亡くなりました。人の齢では有に百歳余位といわれており,まさに大往生で終えました。
●5年前に軽い脳こうそくで後足の左側がマヒして、散歩は乳母車を改良して体を支えるように軽く吊るし、地に足を付けてゆっくりと押して外の空気を吸わし、食事と排泄以外寝たきりの状態の為に床ずれが出来ないように外への散歩は貴重で大切なことでした。
●私自身は幼いころ犬にかまれたことがあり、犬嫌いでしたが当時中学生の娘が情緒不安定となり、癒しの為に犬を飼いたいと犬好き派の家内に話し、ペットショップで生まれたての紀州犬の白い雑種の子犬を買い求めました。本当に手のひらにチョコンとおさまると可愛らしく、思わず飼ってもいいかなと犬嫌いな私が抵抗なく認めたことで、家族の一員として迎えました。
●あくる日から朝早く、近くの京都御所や鴨川・時には二条城とコースが変わるものの,犬の散歩が私の日課となり、軽い脳こうそくをおこすまで20年近く毎日、雨の日も雪の日も殊に雪の日は、気持ちがハイになるのか雪の中、大はしゃぎしておりました。ほんとうに毎日、4km弱の距離、約1時間ですが犬目線で今、何を思っているのだろう?今日の体調は?などと変わり行く朝の景色の中を楽しく散歩することで大いに気持が癒されました。
●名前の由来は、家内がペット屋さんに子犬を頼んでおいた子犬が産まれたとの連絡を貰ったのが、奈良へ西国33ヵ所お札めぐりの最中の帰る途中で、帰りにペット屋さんに子犬とのご対面をしに行く道中で名前を考えたのですが、奈良からの帰りことで奈良にちなみ「大和」という名前を家族みんなで決めました。
●餌は、チキンのモモ肉を炊いたものを刻み、ドッグフードの上にのせて毎日朝夕死ぬ直前まで基本として続けており、5年ほど前から歩行補助具を付けてからは犬康食ワン・漢方薬・田七人参などを時折与えておりました。
●飼っている間で一番のびっくりした事件は、「大和」が若く元気な頃ですが、冬の早朝4時過ぎまだ暗い御所の中、懐中電灯を持ち首輪のリードをはずして先を歩いて、辻々で着いてくる様子を見ながら歩いていましたのですが、[大和]は道々マーキングしながらの道草がすぎて、はぐれてしまい、あちこちと探しましたが見つからず、ビクビクしながら家に帰ると何と先に帰って家の前にチョコンと座って待っているのを見てビックリ仰天。あの丸太町通の交通量の多い道を事故にも遭わず良かったと、思わず冷や汗が出たと共に犬は賢いものだと、そして私の飼い主としての責任の重さを痛感させられました。
●それ以後リードは外さなくしましたが・・。現在では当たり前の事ですが、昔は私を始めリードを外すマナーの悪い飼い主が多く、外された犬同志のケンカがあちこちであり飼い主同士の諍いもありました。私のように齢がいってペットを飼うと、早朝であの御所の広い誰も居ない車も無い場所で力いっぱい走らせたい、自由にさせたいと思うのは当然なことで、あながち間違ってはいないと思う、この自己中心の考えが、犬好きの小さい頃から犬の飼い方のルールを知っている方と、突如可愛いと思って飼った愛犬に対する盲愛が、それまで犬嫌いの私には飼い主のルールの欠如と言うより、常識が欠如していたことが恥ずかしく、大いなる思い違いをしておりました。
●やっと今になって色々なことが思い出されてきます・・。 犬として生まれ、私ども家族の一員として生活して、家族の誰をも癒してくれた 「大和」よ・・、静かに安らかに天寿を全うしてくれて本当にお疲れさまでした。ありがとう、感謝を申しあげます。
001.jpg
犬仲間の方からの多くの花を頂きました。ありがとう。
画像_2~1
元気な頃の[大和]。
スポンサーサイト

FC2Ad