日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能楽『通小町』を観て・・。

久しぶりに、福井県民能楽会に行ってきました。演能は『吉野天人』と『通小町』の二番と、狂言『因幡堂』・仕舞と夕方まで盛況な会でした。私は、恋焦がれる小野小町のもとへ通う深草の少将の百夜通いの思いが果たせず、僧の回向で無事に成就し成仏する能『通小町』を楽しく観させて頂きました。あらすじは、場所は、京都八瀬の里、『夏安居』という修行中の寺僧の下へ、薪や木の実を毎日のように届ける女(前ツレ)が居ました。僧が問答の末に名を尋ねると、女は、市原野辺に住まいする小野小町という姥姿であるが化身であり、是非私に回向とかやを乞いたいと仄めかして姿を消しました。(中入り)聞いた僧はある日、市原野に出向いて小町の霊を弔っていると、小野小町の霊(後ツレ)が現れて弔いを喜びますが、その後ろからやつれ果てた深草の少将の霊(シテ)が現れ『いや、仏の戒律を授けてはなりませぬ。お僧は早く帰りなされ』と叫びながら小町に付き纏うのです。少将は、生前、小町に恋をして百夜(ももよ)通いを続けたのですが、九十九日目に命を落とし、死後も恨み苦しんでいたのでした。僧は、二人に百夜通いの様子を語ってと促しますと、少将からの求愛に、小町は百夜通って牛車の台で夜を過ごせば恋を受け入れると無理難題を出します。少将は、どんな闇夜でも雨、雪の夜でも休まず律儀に小町のもとに通ったこの恋の辛い苦しかった当時を語ります。僧の回向により二人は、百夜通いの百夜目。満願成就間際、正に契りの杯を交わす時、少将は、この交わす杯のお酒が仏の戒律であった事に悟りの境地をひらかれ、目出度く小町の霊と共に成仏して旅立って行きました。私も仕事で京都の静原市原にはよく通ります。通りに面して小町寺があります。墓地もあり凄くヴィジアルに私には知っている風景として浮かびました。やはり、見どころはシテ邦弘師の少将の百夜通いの恋の語りのところが、黒毛の面(おもて)でどっしりした語りが少将の執念の凄さが出色でした。又、ツレ大志師の小町姥も品良く、型良く演能されておられました。歌人の小町と貴族の深草少将という恋ものがたりのあの世の話しを、蒸し暑い今の時期に見るのも大変清々しく観る事が出来、堪能いたしました。
謡曲通小町 012
小野小町と深草少将
謡曲通小町 008
少将 邦弘師
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。