日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『竹間夏まつり』盆踊り大会開催される!

今年は、異常に長い梅雨の合間、予報では弱雨マークでしたが晴れたり、しぐれたりの定まらない8月1日(土)に、竹間夏まつりが開催されました。朝の9時から町会長様を始め、各種団体の方々のお手伝いを頂き、テントや備品類を倉庫より搬出、テントの設営とヤグラが組み立てられました。続いて、ヤグラ提灯用・売店・バザー用・本部席の電気配線と幕の飾り付け、行燈・看板の設置とお手伝いのスタッフ皆様のお陰で5時前に準備完了。5時に『竹間夏まつり』の開会宣言。売店の屋台コーナーでは、焼きそば・フランク・唐揚げ・かき氷り・飲み物が用意されましたが、どのコーナーも長い列が出来ました。又、こどものゲームコーナーとして、ロケット風船・ボールすくい・輪投げ・落書きコーナー・ヨーヨーすくい・当てものコーナーなどが設けられ、多くの子供たちが楽しんでました。いきいきサロンの方々が日頃活動されております、手作り作品をバザーで販売され大人気。今年は、私共の旧竹間小学校が閉校して跡地に、こどもみらい館と中京もえぎ幼稚園が開設され10周年目を迎え、節目を記念として『中京もえぎ音頭』が創作され、園の先生方を先頭に多くの園児・保護者の皆様の元気良い踊りをお披露目して頂きました。うす暗くなって行燈に火入れ式が行われ、主催者の挨拶に続き来賓の方々のお言葉を頂き、総数50数名と多くのご臨席を頂きました。いよいよ盆踊りの開始。『炭坑節』『御所南音頭』『江州音頭』がヤグラの音頭取りの太鼓のテンポもよく、くり返しくり返し音頭が続き、二重三重にと大きな輪となって賑わいとなっておりましたが、運悪く8時前に夕立が来て、10分ほどで止み、一時中断となりましたが、帰る人も少なく、急遽、消防団員による下から大きく吹き上がる美しい花火につなげて、皆さんの大きな歓声を聞きホッと一安心致しました。今年の『夏まつり』は、中京もえぎ幼稚園の親子連れで、子供の数が多くて皆さんびっくりされるくらい、“よろこびの広場”周辺が一杯になりました。今年から浴衣を着て踊った方には、ドリンクサービスで飲み物券が50人もの方に配られました。地域ボランティアサポーターとして、京都御池中学の卓球部のメンバー15名が、こどものゲームコーナーのお手伝いをお願いして、ゲーム終了後には盆踊りの輪に入って最後まで踊って頂き、地域の方との交流をはかれる事が出きて良かった。地域のこども達、幼・小・中学生を始め多くの親や大人が、提灯の灯りのヤグラを囲んで、盆踊りの音頭に合わせて汗をかき踊ることが、どれだけ気持ちいいことが私には良く分かります。終わって、ストレス発散・爽やかな気持ちになる余韻を残し多くの方が帰って行かれのでは・・と思います。実は、夏の盆の行事として盆踊りが欠かせませんが、起源は約800年前に京都の松ヶ崎にある涌泉寺の『題目おどり』が最初ではと言われております。現在も8月15・16日のお盆に踊られております。「南無妙法蓮華経」とお題目を唱えながらうちわを前に出して、膝に当てて手を添えうちわを裏返したりしながら一歩一歩前に進む単調な踊りなのですが、私も子供のころに松ヶ崎が母の里なので、お盆に母と一緒に帰省時にこの『題目おどり』を最後までよく踊りました。夏の汗・お盆・踊りは、ワンセットで日本人(私)にとって、シッカリとDNAが引きつながれているのではと思います。
夏まつり
ヤグラの組み立て
竹間夏祭り
こどもゲームコーナー

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。