日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横大路の『資源リサイクル工場』見学して!

中京保健協議会より、1月22日に標記の資源リサイクル工場の現場へ見学して来ました。カン・ビン・ペットポトル・ガラス瓶とその他のプラスチックと仕分けして資源ごみの分別有料袋に詰めて指定の曜日に出されたものが、ここ横大路清掃局と北清掃局とに分かれて処理されております。回収されてきたゴミは大きなホッパーに溜められ、長いベルトコンベアーの両サイドに職員が選別に立ちかまえる中、袋ごとコンベアーに移され、先ず袋からカン・ビン・ペットボトルを手作業でベルトに流し、容器の中に飲み残したものやケチャップ・焼肉のタレ・マヨネーズなどの汚れたものがあれば別なところへ移され、なかには危険な包丁やハサミやマチ針なども入ってあったりして職員の方も選別作業にはすごく気をつけて怪我のない様にあたっておられると言っておられました。又、立ち詰めの流れ作業で集中力が要るため一時間半の作業で20分休憩してそれの繰り返しで、実動6時間が限度との事でした。袋と選別漏れで除かれたもの以外は、エアーでアルミ缶とペットを飛ばして鉄缶は磁石でとらえ、ビンは重いので最後の方のベルトで色選別のセンサーで透明とその他の色と仕分けされていました。工場の中、鉄缶・アルミ缶・ペットの1mX30cmの大きさにプレスされたかたまりが何段にも積み上げられておりました。この建物の向かいの工場には、家庭用天ぷら油の廃油の再生バイオディーゼル油のプラント工場にも見学しました。工程は、回収された廃食油をフィルターで濾して、減圧釜で加熱沸騰させ水分を蒸発させ、そこにメタノールと添加剤に苛性ソーダを触媒としてゆっくり攪拌反応をつづけると反応釜の底には1割位の廃グリセリンが溜まったのを底からのバルブで抜き取る。釜に残ったもののメタノールは熱をかけ還流回収し、触媒反応した残さいは水で洗浄・精製してバイオ燃料となるのです。これがゴミパッカー車・市バスの一部の燃料として使用され窒素酸化物(NOX)を出さない環境負荷の少ない燃料となるのです。又、京都市は今年から、家庭用の生ゴミも分別回収して、バイオガスを取り出すそうです。その際にバイオ燃料の生成過程で出来る廃グリセリンの少量を混合させることで多くのガスを取り出すことの説明を受けました。残宰は肥料として・・・。このように見ますとごみは、最後の最後まで捨てる事のない有用な『宝の山』のように思えます。この家庭ゴミの仕分け方の徹底によって燃えるゴミの量が半減されて、焼却炉が余っている状態だと言う事です。勿論、焼却炉の熱で火力発電による売電収益が見込まれております。世の中クリーン化は勿論として、環境対策・エコ対策の時流に正にピッタリなゴミ行政に大いに元気づけられました。
リサイクル見学 008
人海戦術手作業で選別
リサイクル見学 006
風力での選別
リサイクル見学 005
ベルトコンベアーで整列される
スポンサーサイト

『新春賀詞交歓会・もちつき大会』開催!

新年を迎え、地域の皆様とご一緒に一同に会して新春を寿ぎ、今年も元気でいきいきとした地域づくりと住人の親睦を図るため1月11日に『竹間公園-喜びの広場』にて開催されました。学区の自治連合会主催のもとに、各種団体の皆様方と各町内会長様がお手伝いをいただき、来賓には門川市長様、木村中京区長様を始め多くの30名を超えるご臨席を仰ぎ、無事に盛況裡に午前中の短い時間でしたが終える事が出来ました。お天気の方も大空一面に青空が広がり、暖かいお陽さまのもとに最高の日和でした。おもちつきの道具一式は、もえぎ幼稚園からお借りして、こどもみらい館の方々と京都御池中学校の卓球部の先生はじめ15名の生徒さんにもおもちつきをお手伝いして協力をいただきました。もち米60kg・20ウスをつき上げ、おろしもち・きなこもち・あんもちとぜんざいにして、スタッフも会場の皆さんそれぞれに食べて頂きお昼前には丁度残らず完食しました。開会に先立って来賓の皆様と樽酒の鏡割りがあり、そのお酒を酌み交わし片手にコップ酒を持ち、薪を燃やした焚き火が会場の8か所ほどに設けられ、三々五々に火を囲み住人同士お互いに新年のあいさつを交わしあい楽しく談笑されておられました。やはり、人は焚き火を前に火を見つめながらものを食べたり飲んだりする事は、すごく安心して思わず本心からうちとけて話も弾むものですね。身体もお腹も温まりお酒の酔いも心地よく、野外の風にも触れながらの至極の時がゆったりと流れて行きました。今年も学区の皆様にとりまして良き一年になりますよう念じております。お手伝いの皆様ご苦労様でした。
門川市長
門川市長の挨拶
新春鏡割
来賓の方と鏡割り
新春賀詞交歓09・1 004
お天気に恵まれ和気藹々

改まったこの歳に思うこと!

昨年の9月からのアメリカ発サブプライム絡みの投資銀行破たんの金融危機について書きましたが、その後、米ビックスリーの自動車産業も行き詰まり公的資金導入問題で世界的に金融不安がおこり、モノが売れなくなり、日本の輸出産業にも円高で利益が出せず、自動車・半導体・弱電機メーカーにも人減らし・生産調整が行われております。世界中でモノが売れなくなる、デフレ経済元年の年になると思います。やはり、虚業とも言うべき、元は個人に貸し付けた劣格不動産ローンの債権を幾重にも証券化した上、証券の担保まで組み入れての、世界を巻き込む一大巨額な金融システムが破綻した事で、世界の株式相場も大きく値下がり資産価値の目減りと相成り、モノの製造・販売となる実体(実需)経済の足を引っ張ることになって来たのです。今迄、米国経済を引っ張ってきた金融と自動車産業の破綻したこの時点で、米国中心のパラダイムの終わりを感じますが、ある意味でホッとしました。ゼロサムゲームの金融システムでファンドマネーも絡んでのマネーゲームは大きい弊害を日本企業に与えこの先に危惧さえ感じていましたので・・・。これを機会に難しいがある程度の縛りも必要かと思います。丁度、今年はバラク・オバマ氏が“YES WE CAN CHENGE”変革しょうの言葉でこの20日に大統領に就任されます。オバマ氏は議会で100日以内に米国の行動方針の枠付け発表がなされるそうです。大いに期待しております。世の中100年に1回の不況だと言われていますが、不況と言われると私は『不況なんか恐くない!何とかより良くなるように知恵をしぼろう!』との思いでファイトが湧いてきます。正にプラス思考の極みです。昨年の一文字漢字に『変』が決まりましたが日・米ともに各々個人が持っている、行き場のない“閉塞感”を強く感じてこの一文字が決まったのでしょう。今年も引き続き『変』変革しょうの気持ちを持って公私とも取り組んで行きたいと思っております。報道によりますと次に成長する産業は、農業・環境技術(太陽光電池・水・省エネ技術など)・サービス産業(小売業・介護も含め)などで大きく成長が期待できるそうです。私は、そうとも思わないことではありませんが、結局、どの産業でも同じであろうと思います。どの業界でも、その仕事を通してモノ作り・サービスが最適に提供できて、お客様からの喜んで頂ける言葉・笑顔が多ければ多いほど、社会に最適合な会社・商店と言って頂き続いて行けるのです。故に、絶えず顧客様の満足度をより一層高める努力をして行くことに尽きると思います。その時、その時代の変化を読み、顧客様の要求されるモノ造り・サービスへのシフトを柔軟に変えて行かなくてはならない事も大いにあると思います。改まった新しい歳の始めに当たりまして、皆様にとりまして、幸せで実り多い素晴らしい一年となりますようにご祈念とご期待を申し上げます。 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。