日々是好日人のダベリ

夏休みラジオ体操!

現在、夏休みに入りラジオ体操を 幼稚園・小学生と一般の方との学区民挙げての恒例行事が行われおります。7月22日から31日を前半。8月18日から21日迄の後半に分かれ夏休みに入った時と学期が始まる前の数日間、子供の生活習慣を正すのに朝の7時から公園で少補の主催事業で少補委員が前に出て、ラジオ体操の第一・第二をテープに合わせ『イチッ ニイッ サンッ』の号令をかけて体操の姿勢を厳しく正しながら(元体育の先生である人が補導委員さんで指導されて頂いています)、教わる方も思わず熱心に真剣な表情で頑張ってやっている姿は、健気なほど立派に見え爽やかな空気とともに感動すら覚えます。又、この使用する公園を体操の15分前から全員でグランドの草を抜いたり、トイレ周辺・植込みの空き缶やゴミを清掃して美しくしてから体操しております。自分たちの公園・地域の環境を美しくしょうとの心を持って体験して覚えてもらえるようにと考えて、やってこられました。総勢80名程の参加者での清掃なのでまたたく間に美しくなります。この夏休みのラジオ体操は、夏休みの前後の生活習慣を正す・公園清掃による公徳心を養う・体操することによる体力づくりと一石三鳥にもなり素晴らしい取り組みだと思います。私の小さい頃は、中学生のお兄さんが小学生や小さい兄弟をつれて近くの御所に入った砂利道で、ラジオなしの号令だけで体操をして、終わったら地セミから羽化したセミ取りに夢中になって、取った数を競い合った楽しい思い出がありました。今、私も少補委員でお手伝いをしておりますが、前半が今日で終わり、やっと、ほっと早起きから解放された思いで無事に責任を終えることができ先ずは一安心。いつの時代も、夏休みは子供にとってはうれしいものであると思うと同時に、地域の大人が子どもと接触できる唯一有意義なこのような時間をつくってやる場も大切に思いました。
PA0_0069.jpg
清掃して美しくなった公園でのラジオ体操
スポンサーサイト

小学生キャンプに参加して!


7月26・27日一泊二日の日程で百井青少年村キャンプサイトで、少年補導委員会が小学生の夏休み行事として40数年間続いているのですが、今年の参加者は、学校が、これまでの夏休みを自由・ゆとりから授業時間の延長になったのか、サマースクールが7月一杯まであり14名の参加で、学生班5名・少補委員11名の総勢30名で、花背山の手前にある百井キャンプ場へ行ってきました。京都市内は、連日日中36℃で酷暑日ですが、こちらでは25・6℃で川筋に立てばひんやり冷気を感じます。ここのキャンプ場は、日本ユースホステル協会が京都市の委託で運営されており、施設の管理も良くトイレも簡易水洗で美しく、サイト周辺もよく手入れされ草地の刈り込みも行き届いておりました。テントは第一サイトから第3サイトまであり120名のキャンプ生活が可能。あとにロッジ・山の家合わせて70名の宿泊設備があります。第3サイトには湿地があり、そこにホタルが生息して夜遅くまで暗黒の樹木に舞っており幻想的でした。花背のバス停で降りてここのキャンプ場まで約50分歩いた子供たちは、お昼ごろに着きました。早速、お弁当をすませ、川遊びをするのに着替えて冷たい川水をかけ合い元気のよい声が賑やかでした。4時過ぎに夕食準備にかかり定番のカレー・サラダ・デザートのフルーチェ作りを学生班のお兄さんお姉さんと班別に炊事しました。カレーもご飯もサラダもおいしく出来上がり量の過不足も無くバッチリと上手くいって万々歳! 食事の後かたづけをして夜7時過ぎ暗くなったところでキャンプファイヤーの始まり。暗い中全員で声を出して火の神様を呼んで、『エンヤカヤカラヤッ!』とトーチを持った火の神のファイヤーマンの登場・・。真ん中に井桁に組まれた木に点火して赤々と燃える火を前に『燃えろよ燃えろよー 炎よ燃えろー・・』と全員で歌いその後には、学生班のお兄さんお姉さんのリーダーが椅子取りゲームなどいろいろなゲームが続いて行く。天上は、満天の星でいっぱい周囲は、暗黒の木立真ん中には赤く燃えた炎・・。委員の人たちは後ろで見物。炎を見て、星を見て、黒い木立を見ていると気持ちが自然に恐れおののき昂ぶる思いを心に感じました。引率の者は毎年見ていますが、今年参加した小学生にもキャンプファイヤーで歌い・ゲームを炎の明かりでやったことは、各人の胸に深い感動を与えたことだろうと思います。勉強も大事ですが野外でのフィールドゲームは心の教育・涵養として一層大切なものであると思います。二日目は朝6時半のラジオ体操から始まりました。朝食の準備は、鮭・昆布・梅のおにぎりと豚汁。クラフト工芸として、川原に落ちている石ころを拾って来て、押し出しのペインティング色絵具で思い思いの絵とか文字で描いて記念の置物作りをした。昼食は、ホットドッグと紅茶。おやつは、前日から川で冷やした西瓜。ここでは、西瓜を口に頬張って西瓜の種を地面にプッ・プッと吐き出すことが出来ることも一種の快感を覚えました。朝と夕方のうす暗い時に、ヒグラシの鳴き声がもの哀しさをただよわせて鳴き出していました。取り敢えずキャンプの毎日は、食事づくりに追われ明け暮れることを感じました。生水は飲まれないので、お茶を絶えず沸かして、川水に冷やし大忙しでした。しかし、一泊二日テント生活でリフレッシュ出来て良い経験でした。無事に事故無く実施できましたことに感謝!また来年も楽しみに!
PA0_0062.jpg
白樺林の第2サイト
PA0_0063.jpg
ヒグラシ蝉
PA0_0065.jpg
炊事場の横でクラフト

福井県民能 観能記!

7月第一日曜日に、観世流武田一門会が福井能楽堂で県民能として開催されました。能楽『二人静』は、武田邦弘・大志師の親子で、あらすじは、吉野の里の神職が神に供える若菜を菜摘女に行かせたところ、静御前の霊がその女に憑いてしまい、神職のもとに帰った女は、昔に舞った舞の装束が宝蔵に仕舞ってあると言うので、宝蔵を調べてみると、女が言ってた色・柄の衣装が寸分の違いもなくあった。その衣装を着けて舞はじめると、何処からともなく静御前の霊が同じ装束姿で現れ女に寄り添い、悲恋となった昔の義経との吉野山を落ち延びた様子や頼朝には、召されて御前で舞ったことを語りながら一緒に舞う。静の亡霊が憑いた菜摘女と、それを操るような形で静の亡霊の二重性を相舞い言う、面を付けて二人が同じの動きの舞に、息のあったところが見せ場の一番ですが、さすがにピタリと親子の息が合っており、気分良く見させて頂きました。もう一番の能楽『野守』は、欣司師が野守と鬼神の前後のシテ役を務められました。あらすじは、旅の山伏が奈良の春日野あたりにきれいな池があり、通りがかった野守に聞くと、昔天皇が鷹狩りをして、見失った鷹を探していると野守の池の水鏡に映った鷹の姿を教えて、無事鷹が見つかった事を喜ばれ歌に詠まれたこともあったが、本当の野守の鏡は昔、鬼が持っていた鏡でその鬼はこの塚に住んでいたと言うなり、塚の中へ消え失せた。夜になり、塚の中から鬼神が現れ、天上から地獄の底まで写し出す不思議な鏡を山伏に与え、あらゆる今生の様相を映して見せた後、鬼神は大地を蹴破って奈落の底へ舞い落ちて行く。後シテの鬼神となり、荒ぶる神=鬼を鏡の小道具で、天上からこの世の真理を映す鏡で何でも天からお見通しと言う、儒教がかった解釈をふと感じましたが・・。欣司師は、大きな力の籠った声で荒ぶる鬼神と、野守の柔らかい声とをしっかりメリハリを利かせ演じきられ感心・納得させて頂きました。このあらすじを書きながら、反芻しながらこの幽玄の仕合わせな余韻に浸っております。
夏の素謡と仕舞 観世会館 017
『二人静』武田邦弘師・大志師
夏の素謡と仕舞 観世会館 021
『野守』武田欣司師

家庭菜園ブーム来るか!

ここ最近、食糧自給率が39%とかでせめて50%を目途に何年後に設定云々と政府の発表がありました。生物である人間は、地産地消が一番自然の摂理の循環にかなって良いのですが、商品の経済性にあわないことで輸入が増え今、世界各地での農産物の一部バイオ燃料への転換の為に食糧向けへの品薄感をあおり異常な値上がりを投機筋が仕向けている。日本では、少子化と言われておりますが世界では、新興国の人口増加が進んで、遅かれ早かれ食料不足の時は来るのですが、お金があるから高くても買える、日本が好きなだけ買えるかと言うとそうと言うわけにはいかなくなります。限りある食糧を一人占めとは出来ないのと、食糧マイレージによるエネルギー消費の批判も出てくるでしょう。産地偽装のうなぎ、中国からの農薬野菜の問題と消費者は、今、食への不信に凄く関心を持たれております。私も、自宅の屋上でプランター菜園を開園しました。と言っても桃太郎トマト2株・とうがらし1株・スイカ1株と2鉢に分けて朝夕水やりしております。この間からトマトが赤くなったと思ったらカラスにやられました。只今の生育状態を見て貰いますが・・・。レモンの鉢植えにも、花が咲き実をつけましたが、少し少し大きくなって行く過程を楽しんでおります。とうがらしは、次々と花が咲き一遍に5・6本程の収穫があり焼いて食しております。たったの2鉢ですがやはり花も良いですが、趣味と実益と思い、夏ならではの野菜をひと時花と実を楽しみたく、それが実が成りだしたら次から次と成長が早く、朝に収穫して、食するとこれまた味もこれ以上のものは比較するもの何も無く・・。農薬は使わないので、洗わなくてもそのまま食べられるのが最高!。 口に入れるものは、安心・安全なもの・・。人に任さず、自分で育てるのが一番と言いたいのですが・・。ミニミニ菜園只今楽しんでおります。
祇園祭り08 004
桃太郎トマト
祇園祭り08 005
レモンの実
祇園祭り08 008
とうがらし
祇園祭り08 007
黒玉すいか



FC2Ad