日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタ

スポンサーサイト

サンタクロースでプレゼント!

クリスマスが近づいて来ます20日、近くの幼稚園からサンタの要請がありました。とにかくサンタの衣装に眉毛・ひげと帽子に変身して、黙って園児にプレゼントをして頂くだけで・・・。とのお誘いの言葉に、私も一度はサンタ役の経験をしてみたいとワクワクした思いでお請けしました。次第として、全園児300名が遊戯室に輪になって座り、先生がサンタさんのお話をして部屋を暗くして、キャンドルの明かりの中、扮装サンタが鈴の音を響かせ、肩には大きなサンタ袋をかつぎ入場。大きな歓声がおきて、年を取ったサンタクロースらしくゆっくりと歩を進め、手を上げ振ってあいさつし、中央の椅子へ案内され着席。そこで、みんなにあいさつ。園児は、『こんにちわー』私は、『グッモーニング』。園児との質問で『サンタさんの好きな食べ物はー』私は無言で先生の耳にアフレコで口に手を当て『コチョコチョ』先生は、翻訳して『サンタさんは、イチゴがのったケーキが好きだと言ってられますよー』という具合に、二・三のやり取りがあって最後に全園生に、クリスマスプレゼントを手渡す場面になり4歳児から一人づつに、『メリークリスマス!』と言って握手してプレゼントを渡すのですが、握手をする子と握手をしたことのない子が居り、両手を差し出し思わず握手は、片手ですよと言いましたが・・。こちらは、にこにこ顔で握手しながらで目を見詰めるのですが、中には、顔が怖いものを見るように引きつって怯えた顔もあり・・でも、多くは、ニコニコと目を輝かせた元気な園児達でした。思うと、クリスマスの時季に4・5・6才児にとっては世の中にサンタさんが居て、イブにプレゼントが貰えると殆どの子供は思っているでしょう。私も、子供の時イブの翌朝、銀のブーツにお菓子の詰まったプレゼントを見て、おぼろげながらやっぱりサンタが居ると確信していた頃がありました。今日は、子供達に握手をしていた時、横で先生が『ホラッ、サンタさんの手は大きくて、あったかいでしょう』と一人一人に言い、子供も『うん、本当に暖かい』と言ってくれた時胸が熱くなりました。やはり、いろいろな子供たちがそれぞれ頑張っていると思いますが、サンタさんがいて、手を握って声を掛けてくれたと純粋な気持ちをずっと持ち続けて行ってほしい。一日サンタを終えて貴重な体験でした。
DSCN0663.jpg

京都国際マンガミュージアムへ御所南小学生と見学して!

20071224203923_20071224212551.jpg
12月1日に、私達の御所南小学校通学区域の少年補導委員会と学校とのコラボレーションとの地域コミュニティの行事の一環として、1・2年生80名を引率しマンガミュージアムに行ってきました。閉校になった龍池小学校の跡地に開館され丁度一年が経ちました。開館の時にも、寄せて頂きましたがその時には、まだ資料が集まってなくて検策する索引も整理が出来てなくて見切り発車の状態でした。今回来まして、職員の方々の数も増え子供の見学に於いても上手に説明・誘導して頂き、素晴らしく熟練された運営にビックリ致しました。国際と銘打って、世界各国からのマンガコーナー・昔の日本の“のらくろ”“フクちゃん”“サザエさん”なども自由に見られ、手にとって見ると小さい時にタイムトリップして懐かしくなりました。マンガの原画展のコーナーでは、10年ほど前のマンガが、華やかな色彩で描かれた手の込んだ画が資料として展示されておりました。スクリーンで見るアニメ映画も上映され、まんが・マンガ。一人用の画面で自由に見られる未来のマンガコーナーもあり親子でも十分堪能できました。“やっさんの紙芝居”のコーナーでは、開館当初の時には、昔紙芝居をされていたやっさんと言うおじさんが、拍子木を鳴らして“黄金バット”を立て板に水の名調子にやっておられたのですが、今回は、マンガのキャラクターを紙芝居で、一部を見せて子供に当てさせて当てた子に景品を渡すゲーム遊びと4コマ漫画でセリフのない4.3.2・1と一緒に号令を掛けて最後に『どんッ!』と言って種絵を出すといった趣向で、双方向の対話を取り入れた、ダジャレも多く散りばめて子供も・・おまけに大人も一緒に楽しませていただきました。京都精華大学のマンガ科が運営され、学生もお手伝いされ会館全体が若々しさに溢れており気持ちが和らぎました。今後、言葉の壁を越えたマンガと言うジャンルは、このマンガミュージアムが出来た事で子供を始め多くの方に関心を持って頂き、京都から世界への発信の基地となって貰いたい。
2007御所紅葉 003

田畑からの恵み・新嘗祭に参列して!

11月23日に、平安神宮にて新嘗祭・勧農祭が斉行され、私も理事のお役で参列いたしました。今年は、暑い日が遅くまで続き不純な天候と言われながら、米作は、ほぼ平年並みの作柄で野菜や果物もまずまずの出来具合で、なかなか立派な作物が、神宮の神殿先に左右二か所に、うず高くお供えしてある中、厳かに九条宮司の祝詞から始まり、全員の参拝・巫女舞の奉納と続き田畑からの作物の恵みに感謝を捧げ又、来年も農業により一層精を出して働く事を神様にお誓いをする儀式なのですが、粛々と無事に斉行されました。施主は、生産農家JA農協の役員・卸売市場の会社の方々で、トラック3台分のお供えの農産物はもの凄い量でした。後の会館での直会では、今年の新米での新酒を頂きました。一年の中でも、秋は一番の稔りの秋と言われ、冬を前に一区切りをつけるこの時期は、淑やかな寂しさもある雰囲気があるのかも知れませんが、素直に恵みへの感謝の心が湧いて来て胸が熱くなって参りました。それと、お天気が良く映えて参列していても神宮から東の東山のなだらかな峰は、松の濃い緑のグルリの赤や黄や褐色のモコモコしたグラヂュエーションは、さながら奥行きのある分厚い錦繍を見る思いで素晴らしいものでした。参列して、身も心もリフレッシュした思いでした。今年は、『食の安全』が連日の様に報じられ、それも賞味期限の改竄という一流料亭・企業が、コンプライアンス(法令の順守)の違反による企業に取って一番大切な信用を失墜したことは他山の石として、他にも殆どの企業に措かれても似た様な事が有ったと思いますが肝にも銘じて頂き、意図的な会社ぐるみの事故では無くて事件として検挙・糾弾されるべきだと思います。消費者を欺く犯罪は、キチンと処罰されねば・・解らなければ何してもよいでは余りにも消費者にとって堪ったものでない思いがいたします。     今年の我が家庭菜園では、春先に小芋を25株程植えて置いたら、11月の始めに葉が枯れてきたので、刈って根を起こすと親芋の周囲に小芋がギッシリ付いており、サミットバックに4杯も採れて早速、定番の小芋とタコとの旨煮をして食べました。掘りたての芋は、ムチッとホクホクして、飽きのこない美味しさでした。親芋は、お正月の白味噌仕立ての雑煮の頭芋にして食するのを楽しみにしております。農薬や化成肥料を使わない安全・安心な作物を収穫出来るのは楽しいことです。感謝・・感謝・・それを食する事は何事にも変え難い事です。
DSCN0586.jpg

DSCN0587_20071212215446.jpg

幼児教育の大切さ!

11月16日に、京都市立中京もえぎ幼稚園が会場で『全国学校体育研究大会』の幼児教育第一分科会の公開保育・研究発表会が開催され学校運営協議会のメンバーとして参加致しました。この園は、他に、文科省『コミュニティ・スクール推進事業』研究指定・京都市教育委員会『学校運営協議会の運営に関する実践研究』指定校・京都市教育委員会みやこ学校創生事業実践推進指定園と多くの活動に取り組んでおられる園です。公開保育の3・4・5才の部屋では、水栽培の球根の根の観察をしたり、先生と工作したり園庭で遊んだりと、見学に訪れた先生方も身の置場が無い位、園中いっぱいになって、溢れんばかりの状態でした。それでも、皆、喧嘩もなく物事に集中して先生の言うことを良く聞いていました。昼からの広場での運動遊びも、日頃の取り組みの成果が見られて良かったです。最後の講評にも、皆さんが開園7年目の新しい建物の構造や、施設に感心され、先生の何にも縛られない、子供の姿の観察を通して子供の前進に目を見張る・・。健康で元気な体でワクワクする心を作り身体が自然と遊びとなって行動する、正に意志・情を涵養するテーマで、ありのままを発表されておられて大変良く判りました。又、講評の中でも刺激的な幼稚園であるとも評されておられ、素晴らしい最高のお褒めの言葉を頂かれたと思います。開園しての7年、今回の研究発表会で、園長先生はじめ諸先生方には、今後の、ある一つの指針に大きな自信を持たれたと思います。子供は毎日毎日成長と共に脱皮してチャレンジしている。私は、0歳児からの育児の段階から幼稚園の幼児教育については人間の基礎の知育に入る前の、情躁・こころ、しつけ・ルール、言葉・絵画のコミュニケーション力の発達に大切な時期であると思っています。だから、言葉・絵画の未発達のときには、多くの同世代のお友達との遊び・コミュニケーションを通じて、お互いの存在の認識と社会性・ルールを身につける最初の関門であると思います。この時期に、クラシックの名曲・動植物の世話・観察・自然に触れる・体を動かすなど子供が興味を引くのを出来る限り、日頃の行動を見て、勿論子供視点で各人にある、本来の潜在能力を先生方に引き出して頂き情操力を高め、意欲を高めることが本来の、幼児教育であると思います。先生方には御苦労様ではありますが、高層建物でもしっかりした基礎が築かれなくては、上に建てられない様に・・。人間としての基礎の情の部分をしっかりと根付かせなければならないと思います。
moegiyoutienn.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。