日々是好日人のダベリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市消防団総合査閲大会を終えて!

平成29年度の表記の査閲大会が5月28日(日)に開催されました。
中京区の代表として我が竹間学区(竹間消防分団)が出場致しました。
中京区は、23学区有り、毎年順番で査閲大会に出場して次は23年後となります。毎年、5月に(今年は5月14日でした)中京区での23学区のみで査閲大会が開催されております。この大会には各学区の団員家族、区民・連合会役員が参加応援に行っております。今年は、大きく、京都市消防査閲大会の当番学区として、他の22学区の消防団員を招待として大型貸し切りバス2台を用意して、会場の南区の京都市消防学校への送り迎え、お弁当・記念品をお渡しするのが慣例です。又、大会1週間前には、学区での激励会を他の22学区消防団員にも出席して頂き、学区住民の方々とも共に日頃の訓練をお披露目して、暖かい声援、激励を頂き、帰りに記念品をお渡しする。査閲大会には、この様に、お弁当・お茶代・バス代・記念品などの諸経費が掛かるので、費用の捻出で当番学区は大変です。
 査閲の大会の内容ですが、通常点検⇒ 団員の職務遂行に必要な規律、礼式等の状況について点検する。併せて、退場時の行進等について、部隊の団結力、士気及び協同動作と指揮者の指揮状況を点検する。消防訓練⇒ 小型動力ポンプを使用、ホース3本延長の放水訓練を実施して災害現場活動に必要な技能の習熟練磨の状況を点検する。
この2種目の団体訓練を審査員が、6人体制で色々な角度から採点簿にチェックされます。我が学区は、残念ですが5位内の入賞には至りませんでしたが、今回、査閲の受閲大会に参加に際し、毎日遅く迄、消防団員の皆様は、中京消防職員の厳しい指導・特訓に耐え、団員家族の方、地域住民(各町会長・各種団体役員・自治会役員)と他の22学区の消防分団員の皆様と消防署長始め、署を挙げて多くの署員の御協力を頂きました。受閲大会が終わって、大きな大きな何とか皆様の熱いご期待に報いたいとの思いが、ひとつにまとまって、やり遂げた達成感で気持ちが良かった。地域の心をひとつにする、大いに意義のある消防団総合査閲大会であったと思います。
終わって、夕方からのホテルでのご苦労さん会を開催されましたが、各団員様には、今迄の活動を今日でリセットして、明日からより一層練習で身に付けた、職務規律、礼式、団結力、消防訓練技能力を磨かれて地域の為に、安心・安全な街づくりに向けて、一段とギア・アップされ邁進されます事を祈念致します。 【“京都市消防団総合査閲大会を終えて!”の続きを読む】
スポンサーサイト

もっと地域ぐるみで・ごみ減量推進活動を根付かせよう!

平成8年11月に京都市ごみ減量推進会議が発足して、昨年11月に創立20周年の記念式典が行われました。私も、地域ごみ減量推進会議の会員として出席しました。又、20年前の同じ年に、京都でCOP3地球温暖化防止条例を京都議定書として、全世界に発信されました。それを記念して、京都市が、市民・業者企業と一緒になって、年々増えていくごみの減量に取り組む活動としてごみ減量推進会議が発足しました。
最初は、3R運動(リデュース、買わない・リユース、再利用・リサイクル、再資源化)から始まったと思います。最近は、ごみの再資源化を徹底させる為、雑ガミ・新聞・ダンボール・ボロと分けて回収業者に出すと、コミュニティ回収に協力したとして、市から地域にも助成金の配分を支給されます。勿論、回収業者からも、重量で買い取り金を頂いて、大変、地域の協力も得られ易く、毎週1日ですが喜んで頂いております。
ごみの量の大半は、雑ガミの類で、菓子の包装紙、菓子箱、葉書、封書などに仕分けすると、燃えるごみは、生ごみと少々で、我が家では、大分ごみの量としては減りました。       我が地域では、不要になった子供服を、地域の幼児園・施設・エコまちステーションの御協力で集めて頂き、こどもみらい館の場所でフリーフリーマーケット(無料交換会)を開催しております。昨年からは、不要になった絵本、おもちゃ、チャイルドシート、バギー車など多くの点数が引き取られました。又、壊れたおもちゃの修理コーナーも設けられました。ここにも多くの方々がお見え頂き、終日会場は、大混雑となりました。この活動も立派なごみ減量活動と言えます。
地球温暖化も最近、氷山の大規模な溶解・排出ガスの不正問題を喚起される中、米国のトランプ大統領のCOPからの脱退などの問題もありますが、そのような勝手な行動は待ったなしの出来ない状態です。
毎年の様にやって来るゲリラ豪雨・台風による被害は、エルニーニョ、ラニーニョ現象の赤道を挟んで東西の風の吹く方向で、大きな雨雲の発生が直接関係するのですが・・。温暖化の原因、CO2の発生が大きな問題で、CO2を出す国が見返り買い取り権で、協議して、CO2の減量の案件も留まっており、遅々として無法状態。中国を筆頭に、石炭火力発電で大気汚染が報道されております。地球の温暖化は、益々、進んで行く・・。
2020年、東京オリンピックでは、小池知事は、金銀銅のメダルは、ごみとして回収された都市金属と言われる、再生された金属をメダルとして使用するとお聞きしました。東京五輪の売りで、回収資源のPRとなることでしょう。
京都市では、ごみの焼却炉は、5か所ありますが、ごみの減量が進み、今は、3か所にまで減り、稼働されておりますが、2020年には、大規模改修予定で、焼却炉が2か所に集約されます。それには、ごみ焼却量(キャパ)は39万トン迄、ごみ減量の目標数値を設定されております。次は、生ごみ処理の活用を資源として検討をすれば、もっと減るのですが。
フードサービス(賞味・消費期限)前の食品・缶詰などのフードバンク(引き取り手)に取り次いで無駄にさせない。各々、個人的に食品を眠らせないでシッカリと管理して、地域でごみを出さない様に喚起する活動も行っていきたいです。
まだまだ、コンビニ店では、買い物でレジ袋を使用されておりますが、地域での講習会で、板締め絞り染めでマイ風呂敷を作成しました。苦労しながら頑張りました作品ですのでやはり愛着がわきます。その一週間後に風呂敷の活用講座があり、いろいろ包むだけで無く、バック、帽子、花の飾りなど多様な活用術を勉強しました。
今年は、皆さんがお出しして頂く、ペットボトル、空き缶、雑ガミ、ビンをリサイクル再生の工場現場の見学会を行い、最初から最終までの製品出荷迄の全行程を見学、勉強します。まだまだこれからも、生活を取り巻くごみ問題・環境汚染防止について、新しく取り組んで、広報活動を通して、地域に根付かせて行きたいと思います。
スケッチ・蝋梅千両
蠟梅と千両。
DSCF3701.jpg
風呂敷講座参加者の皆様。
DSCF3696.jpg
講座風景
DSCF3698.jpg
風呂敷が帽子にも変身・・・。
中京ごみ減リサイクル・事業見学 024
リサイクル再資源工場見学。

2017年は‥、案ずるより上手く行くと思ふ!

新年おめでとうございます。
株価は、2万円弱と終値より400円アップと高値をつけ、大方の予想が外れたかに見え、発会式の縁起相場となりました。
今年は、米大統領のトランプ氏が1月20日の就任式の年頭所信表明に、どのような政治指針を示すかが大いに期待たれるところです。大統領選挙中には、色々クリントン氏と論争しましたが、アメリカ国内で貧富の差が大きく、一番多い中間所得者の層が、余裕を実感できずに不満層となって、世の中を変えて“アメリカ・ファースト”を政策として、ナショナリズム化保護主義色を掲げて、TPP環太平洋貿易協定にも与しない。と内向きな発言が気にかかる。が、資源ある国が、保護政策をとられると、日本始め加工立国は苦しめられる。   
日本を始め、中国、ロシアとの外交も上手く行くとトランプ氏は言っておられるが・・・。同氏は、実業家であるので訳の解らないことはやらないと思いますが。どこかで、落しどころは考えておられると思います。
シリア、トルコ間の戦争による難民問題もドイツ始めイギリス、フランスのヨーロッパ各地に難民流入による国家財政に大きな負担が掛かり、英では難民の安い労働力が従来から従事されていた人の仕事を奪われ、職を失う事態が報道され難民受け入れへの反対運動が起こっている。英が、EU圏から離脱し、今年はフランス・イタリア・ドイツで選挙があり、EU圏の仕組みにも、もっと基金や財政システムでの補強にも一考が必要だと思います。
昨年は、国内では、アベノミクスが金融政策でマイナス金利で内需の喚起を図りましたが、もう一つ景気浮揚に届かず苦心しております。しかし外交では、矢継ぎ早に多くの国と経済・軍事など話し合いを充分、なされて人脈の構築は、大変大事なことであると思います。
日本の経済は、衣・食・住・の各分野で、自動車・重機・工作機械など世界では、一目おかれ信頼して頂ける物づくりとシステムや製品で、年々海外への貿易が増大しております。IOT(インターネット・オブ・シングス)物・事にインターネットをつなぐ。例えばスマホから色々な物へ指示して動作させる。
AI(アーティフィシアル・インテリジェンス)人工知能と言われるもので、つい先日、コンピューターに多くのアルファ囲碁と言うモノや将棋の一戦のデータを組み込みこんで、囲碁や将棋を本職の棋士と試合して、本職の棋士が負けることが起き、話題となりましたね。コンピュータが、自分で蓄積データから考えて打って勝負して、プロを負かしたので、そのうちに人間の知能を超えたら・・・。と話題ともなりました。
自動車での高速道路での自動運転で前方・側面・後方と感知カメラで走行車線を辿り、前方の車が止まればカメラ感知で止まる。今のところ、高速道のみですが、センサーが開発されれば普通道路で、もうすぐ出来ます。どんどんIT関連は、進歩して行ってついていけません。
京都への観光客について・・。祇園石段下のバス停留所は、歩道が狭く車道に降りて歩かなくては行けません。乗る時も満員バスで通過して、乗れずお手上げ状態です。もっと、抜本的に考えないと不評な悪評が立つと思います。2020年には、4千万人の観光客の誘致云々・・。とても京都とて、キャパシティがあるのでは・・と思います。
 昨年は、京都には、大きな災害が無かったですが、異常気象で集中豪雨禍は、覚悟をしておかなければならないでしょう。
今年の心配事は、アメリカのトランプ大統領が、一番の影響力が大きく注目されますが、私は、政治家でなく実業家であるので、何とかそれなりに上手く絵を描いていく事と期待するところです。
今年は、どの様な何が起きても、知恵を出し、上手に対処していく事を心掛けて行きましょう!。
新・ツインタワー
クアランプール“新・ツインタワー”

2016年を迎え考えることは・・・。

おめでとうございます。
去年の株価は、19,000円で終わり、大変順調に世界の経済のターゲットにコミットメントしたかのようでしたが、中国をトップにEU諸国の景気減速で年始は、軟弱な株式市場となっております。
 昨年は、ISイスラム国のパリでの同時多発テロによる仏のシリア空爆の反撃。シリアからの難民がドイツを始めEU諸国への流入。今も難民の流出が続いており、難民の受け入れ国も費用の増大と治安面とにセーブが掛かっている状態です。
 昨年は、天災の面では9月の集中豪雨で常総市鬼怒川の堤防決壊で大きな範囲でなかなか水が引かず1週間程かかりやっと引くと、家財道具を始めゴミの集積場所で大問題になりました。常習地の関西、四国、九州では比較的小康状態でありましたが、今年は、昨年に続き、未だエルニーニョ現象が赤道直下アメリカ西側に観測されております。日本列島は、局地的ゲリラ洪水災害が起こる可能性が高いと思います。続いておりました箱根の火山活動、口永良部島、阿蘇山も終息して来ました。
海外からの観光客が多く、殊にアジアからの日用品、電化製品、お菓子、医薬品などの爆買いが話題になりました。このインバウンド効果は約3兆円と言われております。百貨店には、数百万から数千万の高額製品も売れ、売り場には外国人対応の免税コーナーが設けられ、百貨店の売り上げも対前年増。
 大阪の黒門市場、京都の錦市場でも、店前に長椅子を置き、その場で店売り商品をイートイン。狭い市場で人の往来が滞り、近所の町の人が買い物し難い苦情が殺到。しかし、人が人を呼んで活気が出るので痛し痒しの状態です。
 大阪では、道頓堀が昼夜観光客で賑わっています。人気の1位は、たこ焼き。2位は、お好み焼き。3位は、ラーメン。見事に粉もんが占めます。バックパッカーでの観光客は、大体4・5日の滞在が多く1泊2,000円~2,500円位の予算で、食事は、廻る寿司屋、居酒屋、コンビニ弁当、牛丼店など、意外と安く旅行を楽しんでおられます。やはり、治安の面で安心、安全を繁華街の地域住人・警察の方々との取り組みの結果だと思います。今年も、アジアの方々の爆買いが続くかどうか・・。
 私の知っている京都へ来られる観光客で、フランス人の精神科医師の方で、毎年仕事休暇を取り、やはり文化に触れる体験型の長期滞在で、日本の方とお友達となり、お茶・日本舞踊など半年間、友達の家でホームスティーしながら日本の生活を楽しんで居られます。
 今年の5月に伊勢志摩サミットが開催されるのに、京都御所がテロにターゲットされると想定した対策も・・。テロへの心配が、人の集まる観光地も大変なことです。
 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が交わされようとしております。輸出入の関税撤廃は、その国の強い産業我が国では、自動車を始め輸出企業には、3兆円ほど潤うが、農業・畜産・乳製品分野では海外からの安い輸入品に市場を奪われると騒がれております。が、現状でも小売りの店頭では、中国産ウナギと国内産ウナギが併売されていますが、国内産の方を高くても安心なので買います。他にも韓国産のアサリ、野菜もしかり食の安全を考えるなら、その様に消費者は選択されると考えます。又、若い農業者の方々も日本の食の安全を考えた作物づくりで、海外へ輸出される方も現れております。やはり、発想を転換させて、もっと食の安全を武器に、モノづくりを伸ばしていかねばならないと思いますし、世界での需要は結構あります。日本は、安全な『空気』『水』『土壌』『無農薬』での農作物、肉牛、乳製品。又、直近には、富山産の山羊乳で作られたチーズが世界グランプリに輝いたニュースを聞き、工業製品同様農産品からも発酵乳製品の技術の確立がなされて行く・・と楽しみが増えます。そしてもっと、農業製品の現在の自給率40%を高められます様に、耕作地の大型化、休耕地の活用をはかり農業就業者を増やして生産性を上げ、生活がなり得る様に政治・行政もアシストをお願い致したいです。今年も何が起こるか波乱含みな年となりますが・・。  皆様と頑張って楽しい良い年にして行きましょう!
万里長城
万里長城
万里長城3
万里長城

新しい歳を迎えて・・・。

新年明けましておめでとうございます。
2015年の年頭に心新たに、この1年がどうなるか予想して書きます。
≪今年もゲリラ豪雨・・。≫
先ず去年の8月に集中したゲリラ豪雨が、広島県安佐南区で深夜に降り裏山が崩れ土砂に埋まり死者が出ました。京都でも、8月16日に中京区の京都御苑周辺が1時間に90mmを超えるゲリラ豪雨に見舞われ、御苑の九条池が溢れ丸太町通に間之町御門から流れ出した水は烏丸丸太町の交差点で30Cmの深さになり、車の通行が遮断されテレビニュースでも放映されました。ニュースを見た友人からお見舞いの電話を頂きましたが、雨が1時間弱で止みましたので事なきを得ましたが・・。福知山でもゲリラ豪雨が降り、一時雨が下水道のインフラが追いつかず、数日間水が引かない状態でした。想定外の雨量が各地を襲う魔の8月でした。今年も海水の温度が高くなるエルニーニョ現象が続くとのことで、ゲリラ豪雨に要注意との事。昨年11月にあった我が学区の防災訓練に、土嚢づくりと積み方を教わりました。
≪経済の面では・・。≫
昨年後半は、円安・株高の展開で輸出企業には大いに恩恵を受け利益を出し、再投資に新しい職種を求めていますが、その先を見極めるのを間違えば命取りになると危惧するものです。経済が安定している時にはそれなりに中・長期の予想を企業は描いているのですが、利潤が上るとより盤石な利潤確保の為、新規の投資が、需要の変化が、大変難しくなる。年末に株価が17,450円で終わり、上場企業は株高で利潤を得て恩恵を受けましたが、全企業の9割を占める中小零細企業は、新消費税後なかなか価格を上げきれず利潤を減らしている現状ではないかと思います。
 大手系列のモール商店街では、紳士・婦人もの高級ブティック専門店の隣りには、百円ショップ、食堂街も専門レストランもあり隣りには、ファーストフード店、車の駐車台数が2・3千台、来客数が3・4万人を想定したモールのコンセプトは、普段着の気楽な買い物、何でも揃う、客層もファミリー世帯、高齢者世帯、ヤング・学生とあらゆる年代に向けている。このモール商店街でも、テナント店舗の閉店スペースも出ており、立地条件(商圏)や入居店の人気で熾烈な競争で切磋琢磨を余儀なくされていくことかと思います。
 今迄の様な、大量生産、大量消費は、なくなり個性的なモノ選び、個人の価値観を強く出され、ごみ減量の3R(アール)である、リデュース(買わない)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再資源化)を私達も教えて頂き、徹底化され、リデュース面の良いものを、こだわった商品を永く使用する賢い消費者が現れてきております。京都市中京区の私の近辺でも小さな町家での手づくり雑貨品のお店を開店され、そこへ町家ぶらりの観光客が集い買い物されている光景を見て強く思いました。
年金の受給者が増えて来て、これからの年金支給額が減らされると言われると、それにつけ込むような特殊詐欺が横行し、昔あった原野商法を始め投資目的の定年過ぎの退職金や定期預金の虎の子を、目減りしない様にとの思惑につけ込まれて悪質な運用を勧められて被害に遭われ方が多くなると思います。
IT関連では、メールをされる方はご存知かと思いますが、メールを開けましたらイキナリ、ご当選おめでとうございます。とか、貴方には8千万円支払われます。とか書いてあり手続き云々・・。で普通は、あり得ないと思ってしまうのですが、もう少し少額な金額であればその先どうなるか分かりません。警察当局もこの様なサイバー犯罪の対策をもっと強化していって貰いたいです。この1年も皆さまに措かれまして、良い年であります様にお祈り申し上げます。
【“新しい歳を迎えて・・・。”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。